赤ちゃんがミルクを吐く

【スポンサードリンク】

 「赤ちゃんがミルクを吐く」のは、げっぷがうまく出せずに、ミルクと一緒に空気を出してしまうケースが多いようです。げっぷをうまく出す方法は、「新生児のげっぷ」の稿で詳しく説明していますので、参照してみてください。
 そうではなく、口の端から垂れるようにミルクを戻しているような場合は、飲んだ量が多すぎてお腹がイッパイである証拠ですので、あまり気にする必要はありません。清潔にする為ガーゼなどで口元を拭いてあげ、次回からミルクをあげる量や時間を調節してあげてください。
 また、熱をともなった嘔吐や、戻したミルクに血液が混ざっているようなら、別の病気が考えられますので、医者に連れていきましょう。更に怖いのは、滝のような勢いで戻したり、ミルクを飲むたびに吐いてしまったりする場合です。消化器官に問題があるか、腸などが捻れて塞がっている可能性があります。腸が塞がっている場合は、おならも出にくくなりますので、そのような場合は早急に診断を受けさせる必要があります。
 お腹がイッパイであるとき以外は、吐くことは体の水分が体外へ出ていることにもなりますので、水分補給をしてあげることを忘れないでください。再度戻してしまうことを心配するよりも、体に必要な水分が不足していることを重視します。水などでも結構ですので、少しずつゆっくりと飲ませてあげます。

【スポンサードリンク】

スポンサードリンク


Go Top