赤ちゃんの夜鳴き

【スポンサードリンク】

 「赤ちゃんの夜泣き」の原因は実は良くわかっていません。睡眠のサイクルに関するものや、見ている夢に影響されるものなど、諸説様々です。起きているときにも泣くことがありますので、そもそも睡眠とは関係ないのかもしれません。
 一説によれば、赤ちゃんが泣くのは今までの記憶を整理しているから…とのこと。記憶容量が一杯になり頭脳にストレスがかかったときに、不要な記憶を泣き声と一緒に履き出している、という考え方です。寝ているときに泣く事が多いのは、睡眠時に記憶の再構築を行っていて、小さなメモリーのためにすぐにフリーズしてしまう…それを再起動させるアクションが、夜泣きだという訳です。
 そう考えると、あまり心配しなくてもいいのかもしれませんね。とはいえ、実際に泣き声を聞いているお母さんは、じっとはしていられないものです。そこで、いくつか対処法をご紹介します。
 まずは、「赤ちゃんの睡眠」の稿でも紹介しましたが、寝ている時間と夜泣きをする時間の傾向をつかむことです。パターンが認められれば、ある程度前もって準備できます。
 そして対処法としては、子守唄やリラックスする音楽を聞かせる、またはやさしく抱っこしてあげるなど、赤ちゃんの気持ちを落ち着かせてあげることが肝要です。激しい音や、運動をさせて疲れさせたり外に連れ出したりするのは、刺激による新しい記憶を生み出すので、お奨めできません。

【スポンサードリンク】

スポンサードリンク


Go Top