子育支援の保険

【スポンサードリンク】

 乳児のしゃっくりは、横隔膜が何かの原因で刺激され、痙攣することによって引き起こされます。
 赤ちゃんは体がまだ小さいので、隣り合う消化器官のぜん動が、横隔膜を刺激することがあります。この為、ミルクを飲む量が多い赤ちゃんや、急いで飲ませたりした場合などに、しゃっくりが出ることがあります。ミルクはゆっくりと飲ませてあげるのがコツです。特に急いで飲む赤ちゃんは、一緒に空気も飲み込んでしまう場合が多いので、胃の中で空気が上に集まり、ゴロゴロという音を出しながら胃腸が動きます。このような時にしゃっくりが出るようでしたら、背中をさすってあげて、げっぷを出してあげることで収まります。
 また、オムツが濡れていると、それによって体が冷えてしゃっくりが出る場合がありますので、しゃっくりが出たら、まずオムツを確認するのがいいかもしれません。
 いずれにしても、静かにしていれば収まるものですので、あまり気にしないで大丈夫です。どうしても気になるようでしたら、しゃっくりのタイミングをはかり、数回以上の時間分、連続して白湯・ミルクなどを飲ませてみてください。万が一、1日以上続くようでしたら、その時は医者に相談してみてください。

【スポンサードリンク】

スポンサードリンク


Go Top