育児手当金とは

【スポンサードリンク】

「育児手当金」とは、出産や育児に対して、各自治体や各種保険から費用面の援助を受けられる制度です。具体的には、自治体から支給される「子供手当て」や、雇用保険から支給される「育児休業給付金」などがあります。

そもそも日本国政府が子育てに割いている予算は、先進国中でもかなり低いレベルです。その上出産率も低下しており、このままではより少子化に拍車がかかることが懸念されます。そこで、最近になってようやく法制化への動きが顕著となってきました。ところが、税収が落ち込んでいる中で、財源をどこに求めるのかが改めて問題となっています。

現在の民主党の方針では、この財源を「配偶者控除と扶養控除の廃止」によってまかなおうとしています。配偶者控除の廃止は、特に専業主婦にとっては増税となる場合があり、世帯年収や子供の数によっては、「子供手当て」を支給されても尚、年収減となる可能性があります。

また、消費活動の低迷により、本来出産や育児の為の費用でありながら、家計への充当やレジャーへ出費するようなケースも散見されています。また、これらの内訳が外見からは判別し辛い為、税負担の不公平感が、子供のいない世帯などから持ち上がっています。更には、国家予算が膨大な赤字を抱える中、現在の支給が、将来大きな増税として返ってくるのではないかという不安もあり、いまだ予断を許さない状況が続いています。

【スポンサードリンク】

スポンサードリンク


Go Top