子育て支援センターとは

【スポンサードリンク】

「子育て支援センター」とは、厚生労働省が職員を配置して、地域の子育ての支援活動を行う施設です。子育てサークルや、ベビーシッターの斡旋・紹介、不安の相談など、さまざまなサービスがあります。お住まいの市区町村と組み合わせて、うまくインターネットを検索することで、知らなかったお役立ち情報が得られるかもしれませんので、探してみてはいかがでしょうか。

一方、もう少し広義で見ていくと、民間の子育て支援センターも各所にあります。例えば神戸県のある大学では、子供を女子大生と遊ばせることによって、家族以外の人間とのスキンシップを体験させるプログラムがあります。また、宮城県の某民間団体は、地域の福祉関連情報を掲載した冊子を発行し、地域の住民の手助けをしています。神奈川県のNPOでは、お母さんの悩みをボランティアが聞き、個別相談に乗ってくれるサービスなどを行なっています。

更に、今話題の「イクメン」も、忙しいお母さんを助ける支援の1つといえるのではないでしょうか。カルチャーセンターや料理教室で男性が料理を覚え、お母さんの家事を軽減させることも重要です。

そう考えると、「子育て支援センター」という名前にこだわらず、自分の支援に繋がる仕組みや団体を探すことの方が重要といえるでしょう。ご近所のお友達と定期的なランチでストレスを発散…そんな身近なことでも、立派な子育て支援に結びつくかもしれません。

【スポンサードリンク】

スポンサードリンク


Go Top