赤ちゃんとの外出・お出かけ

【スポンサードリンク】

 「赤ちゃんとの外出・お出かけ」といっても、散歩や買い物、小旅行まで範囲はさまざまです。最初の機会は「1ヶ月検診」の時に訪れます。ちょうどその時期から、外に連れ出してもよくなってきます。
 まずは、部屋に外気を入れたり、ベランダでお日さまの光を浴びたりすることからはじめましょう。最初から長時間の外出は避けたほうがいいでしょう。この時期の赤ちゃんは、お母さんの抗体を体内に持っていますので、ウィルスや菌への抵抗力があります。しかし刺激が強すぎると、発熱やトラブルの原因にもなります。外出嫌いの「引きこもり」幼児にならないよう、ケアを十分に心がけましょう。
 少し落ち着いてきたら、自分の都合で中止できる外出をします。例えば公共の交通機関では次の駅に着くまで中止できません。また、引き返してくるときに再度乗車しなくてはいけません。そこで、歩いて行ける散歩がおすすめです。換えのオムツなどを用意し、オムツを替えられる設備のある公園などからはじめます。
 3ヶ月を過ぎると赤ちゃんの首が据わってくるので、ベビーカーが使えるようになってきます。その反面、お母さんの抗体の効き目が失われてくる時期でもありますので、このタイミングで一度様子を見ます。問題がないようであれば、いよいよ小旅行にチャレンジしてみましょう。

※ 参照サイト
All About~「赤ちゃん(0~2歳)と一緒の旅行」

http://allabout.co.jp/gm/gc/4917/

【スポンサードリンク】

スポンサードリンク


Go Top