赤ちゃんの歯磨き

【スポンサードリンク】

 「赤ちゃんの歯磨き」は、ママが正座して、膝の間に赤ちゃんを仰向けに寝かせ、頭を固定できる形で磨いてあげます。ただし、この姿勢を嫌がる赤ちゃんも多いようです。従って歯が生えてきたら、まずはこのポーズで遊んであげることからはじめます。
 嫌がることがなくなってきたら、口を拭ふいたり、ガーゼで歯を拭ったり、少しずつ口の中に物を入れることに抵抗をなくしていきます。数本の歯が生え揃ってきたら、いよいよ歯ブラシに変えてみましょう。回数は一日一回で十分です。
 大人のすることを真似して、自分で歯を磨きたがることもあるかもしれません。これからの習慣づけのために、そのようなときは是非任せてみましょう。ただし、咽をついたり目をついたりしないように、隣で見守ってあげるようにしてください。勿論、仕上げはママがやります。先ほどのポーズで磨き残しのないようにチェックしてあげてください。
 また、赤ちゃんの最初の虫歯は、使っている器具などを通じて大人からうつるケースが多いようです。赤ちゃんの歯ブラシが大人の歯ブラシと接触しないように気を配ってください。ケースが付いている歯ブラシを選ぶのもいいかもしれません。ちょっとした仕上げでも、虫歯のある歯を磨いた自分の歯ブラシを使うのは絶対にやめてください。

【スポンサードリンク】

スポンサードリンク


Go Top