育児ノートをつける

【スポンサードリンク】

 「育児ノートをつける」意味は何でしょう。
 今や、様々な種類の育児ノートが販売されています。また、インターネットで無料配布しているものも多いようです。しかし、目的のない行動に意味はありません。目的は人によってさまざまでしょうから、ここではヒントのみご紹介します。自分に適した目的に巡り合えれば、幾多の「育児ノート」に迷うこともなくなるでしょう。
 まず一番に考えたいのは、赤ちゃんが病気になったときに、今までの予兆や傾向がメモしてあると、医者が病状を正しく判断できるというものです。赤ちゃんは自分から病状を訴えられませんから、ママが代弁するしかありません。そんなとき「育児ノート」が役に立ちます。毎日の体温、食べたもの、食欲、ウンチの状態などをメモしやすいものがいいでしょう。また、こうしたメモを取っておけば、普段と違った症状が出た場合にすぐ分かります。
 次は、夜泣き対策です。ママが感じるストレスの最たるものです。赤ちゃんの睡眠のリズムと傾向が分かると予測ができますので、慌てないで済みます。一日の棒グラフを色分けして記せるようなものがいいでしょう。
 他にも色々とありますが、いつか大きくなったときの子どもへの「メッセージ」も捨てがたい要素です。生まれたときにお母さんがどんなことを思ったか、苦労したのは何か、日々どんな成長があったか…これらを記録することは、ストレスで落ち込んだ時などに、振り返って読むことで自分を取り戻せるメリットにもなります。
 ブログなどを活用するのも面白いと思います。ウンチや赤ちゃんの表情など、文字では表現しづらいものも写真を使えば簡単です。ひょっとしたら人気が出て、フォーマット化され、思わぬ副収入になるかもしれませんよ。

【スポンサードリンク】

スポンサードリンク


Go Top