育児うつ

【スポンサードリンク】

 「育児のうつ」は、ホルモンのバランスが変化することによって引き起こされるものと、心労が重なって発生するものがあります。
 ホルモンバランスの変化は妊娠期間中からはじまります。体が出産の準備に入ったり、母乳を作りはじめたり、普段にはない女性の機能のスイッチを入れる為に、ホルモン量が変化します。脳も体の機能の一部ですから、当然影響を受けます。これが「うつ」の状態です。
 一方、心労の場合は様々な要因があります。子育てへの漠然とした不安、夜泣きなどからくる睡眠不足、発育不順への恐れ、子どもが言うことを聞かない…さまざまです。他のページでこれらの対処法は述べてありますが、完全にその不安を拭うのは難しいことです。そうこうしているうちに、ストレスから脳機能障害を起こしてしまい、いつもとは違った判断をはじめます。ネグレクトや虐待などです。これも1つの「うつ」の状態です。
 普段ならしないことをはじめていたり、何でこんなことをしてしまったんだろうと感じるようになったりしていたら、自分を責めるのではなく、医者に相談してみましょう。今では薬で治療できる場合もあります。
 一方で、生命保険や医療保険などは、申告書に「うつ歴」があると審査が通らない場合があります。重症になり、いわゆる「うつ病」となる前に、しっかりとした自分を取り戻すことが大切です。

【スポンサードリンク】

スポンサードリンク


Go Top