子育てに掛かる費用・お金

【スポンサードリンク】

 「子育てにかかるお金」は、赤ちゃん用品からはじまって、大学に進んだ場合の授業料も含めて、平均して一人当たり約1,300万円必要です。費用を大きく分けるのは、国公立か私立か、文系か理系かでそれぞれ違ってきます。仮にずっと私立で、かつ理系に進んだ場合、約2,500万円もの費用が必要になってきます。
 ここでは平均の場合で話を進めます。仮に子どもが22歳になるまで1,300万円の費用が必要だとすると、平均して年60万円になります。イメージとしては、乳幼児の段階で年10万円。公立の中学校で年47万円。私立文系大学に進んだ段階で年170万円といったところです。ですから、早い段階から「子育てにかかるお金」として年60万円をプールし、余った分を貯蓄するようにしておきましょう。もしかしたら、お母さんやお父さんが出世して、若い頃より収入が増えるかもしれません。その増加分は、私立への選択肢や、万が一浪人・留年した場合の予備費用とします。
 ここまでは、あくまで学費のお話です。衣服やお小遣、部活や携帯など、嗜好品に関する費用は考慮していません。嗜好品がいくらかかるかは世帯年収にもよりますし定量的に記せませんが、家計に対する子育て費用の割合を調べると、年収300万の世帯で家計の約20%。年収1000万の世帯で家計の約30%との調査があります。
 最後に、幼稚園から大学までの学費の試算をしたサイトをご紹介しますので、参考にしてみてください。

※参照サイト
「lify.jp」~子育てに掛かる教育費用はいくら ? 幼稚園から大学卒業まで

http://lify.jp/contents/insurance_point/p18.php

【スポンサードリンク】

スポンサードリンク


Go Top