妊娠・出産

【スポンサードリンク】

 「妊娠から出産後の特徴」のページでは、妊娠3ヶ月から生後1年までに起こるお母さんの体の変化と、同時期の赤ちゃんの成長具合を取り上げます。お母さんの体は、妊娠をすると、予想している以上の様々な変化が訪れます。それが誰でも普通に見受けられるものなのか、自分だけに起こっている症状なのかを知らないと、不安に陥ったり、パニックになったりしてしまいます。
 ここでは不安を乗り越える為に、お母さんの体にどのような変化が訪れるのかを実感してください。その上で、「どうも様子が違うようだぞ」ということであれば、その時は医者に相談します。不安は未知が原因ですので、是非ともそれを取り除いてください。
 詳しくはそれぞれのページでご説明しますが、「妊娠3ヶ月」は流産の危険がある時期ですので、安静にしていることが肝要です。「妊娠6ヶ月」は、その危険が多少落ち着いて、小旅行などもできる時期です。「妊娠9ヶ月」では、体が出産の準備をしはじめます。
 一方産後では、「生後1ヶ月」によく起こるマタニティーブルーのお話、復職が可能な「生後2ヶ月」の体の状態、子育てに一段落がつく「生後3ヶ月」の赤ちゃんの様子、歴史的なイベントを控えた「生後1年」の子育てなど、お母さんの環境の描写がメインになってきます。
 赤ちゃんは「夢と希望」を与えてくれるものです。「不安」も当然あるでしょうが、無償の愛で乗り越えていただくよう、心より応援いたします。

【スポンサードリンク】

スポンサードリンク


Go Top