妊娠9ヶ月

【スポンサードリンク】

妊娠9ヶ月の赤ちゃんは、胎児というよりも、ほとんど「人間」といっていいでしょう。目や口が動きますので、笑っているように見えることもあります。
この頃になると、赤ちゃんは出産の準備を自ら整えるようになり、頭を下にした姿勢で安定します。胎動も落ち着いて、あまり動かなくなるようになります。万が一頭を上にしたままの姿勢が続くようでしたら、産医に相談してみてください。
 一方、お母さんに起こる変化としては「お腹の張り」がでてくることです。子宮が収縮して腹部が吊ったような感覚があります。また、赤ちゃんの重さでじん帯が引っ張られることにより足首が痛く感じることもあります。安静にしていれば落ち着きますが、ひどいようでしたら、優しくマッサージするか、やはり医者に相談するといいでしょう。いずれにしても、出産間近のサイン程度と考えて、気をやすめてください。
 他にも母乳が漏れたり、おしっこの回数が増えたり、お母さんの体には出産に備えたさまざまな変化が訪れます。不安から精神的にも落ち着かなくなることが多いでしょう。しかし、あらかじめこのような事が起こると知っていれば、そして、それが確実に「喜び」に変わることが分かっていれば、きっと乗り越えることができます。落ち着いて「不安」を観察するぐらいの気持ちでいれば、やがてそれらは通り過ぎていってしまうでしょう。

【スポンサードリンク】

スポンサードリンク


Go Top